ダイエット・腸内環境の情報マガジンBodystyle-japan

ダイエット・腸内環境の情報マガジンBodystyle-japan

食べるエステを始めよう!肌が!腸が!キレイになるオススメ雑穀10選

食べるエステを始めよう!肌が!腸が!キレイになるオススメ雑穀10選

最近ではたくさんのお店でみかけるようになった雑穀米。
プチプチした食感が楽しいですよね~。体に良いことしてる感覚も気持ち良いです。

実際に雑穀にはビタミンB群をはじめ、カルシウムやマグネシウム、鉄やポリフェノールなど私たちの体に必要な栄養素がギュッと詰まっています。

そして食物繊維も豊富なので、便秘の人にもぴったり。

そんなわけで今回は腸と肌をきれいにする雑穀10種をご紹介します。これを参考に体の中からキレイになる雑穀ライフを楽しんでくださいね^^

美肌に効く!はと麦


出典:kotobank.jp

中国では漢方食材として使われているはと麦。

タンパク質、ビタミンB群が豊富。脂質の代謝を促進するビタミンB2は白米の2.5倍も含まれています。

吹き出物やイボなど肌トラブルに有効で、美肌効果は雑穀の中でもピカイチ!

鉄分豊富!あわ


出典:phytochemical.net

女性は特に不足しがちな鉄分などのミネラルが多いのが魅力。またビタミンB群も豊富。中でも肌荒れや日焼けに効果的なパントテン酸の含有量は目をひきます。

加熱するとトロトロに溶けるのでチーズの代用品にもなります。クセもなくほんのり甘いので、食べやすさは抜群です。

NASAも驚いた母なる穀物!キヌア


出典:www.huffingtonpost.jp

南米アンデス産地で栽培されてきた穀物。NASAが食糧問題を解決する「21世紀のスーパーグレイン(驚異の穀物)」として発表し、世界中から注目をあびました。

それほど全ての栄養素をバランス良く含んでいます。特にタンパク質と脂質が豊富。

また雑穀では珍しいカルシウムも多く含んでおり、マグネシウムや鉄分も入っているので女性にオススメの雑穀です。

突き抜けた栄養素!アマランサス


出典:kenbi-station.com

アマランサスも南米アンデス原産の穀物。白米と比べるとカルシウムは32倍、食物繊維は15倍、鉄分は12倍も含まれていて、他の食物繊維と比較しても栄養価はずば抜けて高いです。

水に入れてもふやけないので、スープに入れても食感を楽しめます。普段の生活の中で栄養が不足しているなと思ったら、すぐに補うことができますね。

アンチエイジングに!高きび


出典:item.rakuten.co.jp

高きびの色素は赤ワインと同じポリフェノールを多く含んでいて、これはアンチエイジングに効果があります。

また、食物繊維やマグネシウム、鉄も多く含んでいるので、便秘や貧血を防いだり美肌を作ってくれたりします。

高きびはミートミレット(肉の穀物)と呼ばれ、炊き上げると見た目も味もひき肉のようになります。ひき肉の代わりにハンバーグにも使われることも!

冷え性の女性におすすめ!ひえ


出典:shop.suzuya-rice.com

体を温める効果のあるひえは、冷え性の女性には必須の雑穀です。ホクホク感のある舌触りが特徴で、ホワイトソースなどの料理によく合います。

またひえは、白米と比べて約2倍の亜鉛を含んでいます。亜鉛はハリのある肌をキープしてくれるので積極的に摂りたいですね!

多方面に働く!そばの実


出典:matome.naver.jp

タンパク質は白米の1.6倍も含まれていて、アミノ酸のバランスが良いので効率よく摂取することができます。

また、おそば特有の成分でポリフェノールの一種であるルチン。ルチンは抗酸化が期待できます。

他には毛細血管を強くしたり、血液のサラサラ効果もあります。血の巡りが良くなりそうですね。

ルチンは水溶性なので、ゆで汁も大事に使いましょう!

別名「薬米」と呼ばれる!黒米


出典:www.nagomi-shop.jp

古くから薬膳料理にも使われてきた黒米。白米や赤米よりも抗酸化作用は高いのが特徴です。

黒米の色はポリフェノールの1種であるアントシアニン。アントシアニンと言えばブルーベリーが有名ですが、目に良いことで知られています。

またビタミンB群やビタミンE、リン、カルシウムなどのミネラルも豊富ですよ。

ダイエットの強い味方!きび


出典:phytochemical.net

良質なタンパク質が多いわりに、脂質が少なく低カロリーなのでダイエットにはもってこい。色も食感も卵に似ているので、卵料理の変わりやスイーツに使うこともできます。

便秘に効果があるマグネシウムや脂質の代謝を促すビタミンB2も多く含んでいます。

便秘にはこれ!大麦


出典:qol-style.info

長寿の徳川家康や昭和天皇が麦飯を主食としたことでも知られているように、大麦には優れた健康効果があります。

何よりもすごいのは、食物繊維の量。白米の20倍も含まれています。不溶性と水溶性のバランスもよいので便秘のときは重宝します。

また、むくみを防ぐカリウムや不足しがちなカルシウムも豊富です!

4bd2d8b68e610a2339524750e06e873d_s

雑穀は、お米に入れて炊く、お粥にする、スープにする、の3つが簡単でシンプルにつくれる方法です。

カロリーはほとんど変わらないのに、ビタミン、ミネラル、食物繊維の数値は全部上がります。

スーパーではいろいろなものがブレンドされた十穀米などが売っていますし、自分で1種類ずつ揃えてお気に入りを見つけるのもオススメです。

毎日食べ続けていたら、びっくりするくらい体が変わっているかもしれません^^

以上「食べるエステを始めよう!肌が!腸が!キレイになるオススメ雑穀10選」でした。

 

 

 

話題の記事

Return Top