ダイエット・腸内環境の情報マガジンBodystyle-japan

ダイエット・腸内環境の情報マガジンBodystyle-japan

女性に多い立ちくらみ!!その4大原因と立ちくらみ改善法

女性に多い立ちくらみ!!その4大原因と立ちくらみ改善法

立ち上がった瞬間にフラ~っときたことありますか?いわゆる立ちくらみです。

学生時代、長い集会があると女子生徒の1人や2人よく保健室に運ばれたりしましたよね。
私は学生時代は平気でしたが、大人になってから立ちくらみが起こるようになりました。

いつ起こるか、なんで起こるか分からないと不安になったりもしますよね。
そこで今回は、立ちくらみがなぜ起こるのか?その原因と予防方法を詳しくご紹介していきます。

立ちくらみが起こる4大原因

06e4d8e4c878115d01d4688e7e203ef9_s

立ちくらみは同じ姿勢を長い時間続けた後、「いざ動こう!」とした瞬間に起こることが多いですよね。

これは重力が関係しているのですが、脳に必要な血液が届いておらず一時的に脳の血液や酸素が足りない状態に陥っているんです。

血液が脳までしっかり届いていれば、長時間同じ姿勢をした後に動いても立ちくらみは起こりません。

立ちくらみは女性に多いのですが、それは血の量や巡りが関係してくるからです。
4つの原因を見ても女性に当てはまるものが残念ながら多いです。

原因その1 低血圧

fbd7fecd02b8855b239b9ca2ce43f75a_s

血圧は血液を全身に送り出すときの圧力のことを言います。低血圧は血液を送り出す力が弱いということです。

長時間座っていると下半身に血液が集まります。このとき血圧が弱いと脳まで血液を運べないので、脳は血液や酸素が不足しています。
その状態から立ち上がろうとしたら、、当然フラ~っときてしまいますよね。。

低血圧は遺伝の関係で生まれつきの人もいますし、後からなる人も多いです。
無理なダイエットや血行不良が原因だったりします。

低血圧になると、やる気がなくなったり、動き始めるのに時間がかかったり、とにかく活動のスイッチが入りにくくなります。食事も量を食べられなくなり、さらに血圧が下がってしまう悪循環になることもあるので気をつけていきたいですね。

原因その2 ストレス

7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s

ストレスを抱えると、体も重だるくなるような気がしませんか?
実はストレスを多く抱えると、ホルモンバランスが崩れて自律神経の働きがおかしくなります。

そして交感神経が活発になって筋肉が硬くなっていくのです。筋肉が硬くなると血流も悪くなるので低血圧を招く危険も。。
ストレスは本当に怖いですね。

原因その3 鉄分不足

537a49f97f56d3c6d8ce86ad397161ec_s

体内にある鉄分の7割程は赤血球の成分である「ヘモグロビン」を作るのに使われています。
そして残りの3割は肝臓や筋肉などに緊急時のためにストックされています。

なので酸素や栄養分を届ける鉄分がないと、それらを体のすみずみまで届けることができません。鉄分不足だと立ちくらみが起こりやすくなるのです。

女性は特に鉄分が失われやすいので、意識して摂るようにしたいですね!

原因その4 生理

6cbc3435f337fa12f310a0a4279d9040_s

男性に比べて女性はの血液量はもともと少ないのです。それなのに毎月の生理で血液が失われているのですから、大変なことです。
生理中に立ちくらみが起きやすい人は、鉄分・血液不足の可能性が大。

また生理前は体調や精神的な変化でストレスが溜まるので、血液が運ばれにくくなっているのも大きな要因です。
サプリメントなどで鉄分を補給するのも一つの手ですね。

立ちくらみ予防&改善方法

食事で改善

fd801ae6a9177daab7448f9925524741_s

立ちくらみが起こる原因でたくさん出てきた鉄分。これはもう、女性は特に足りていないので意識して摂りましょう!
そして一緒に摂ることで鉄分の吸収を上げてくれるビタミンCも摂れば効果はバッチリです。

鉄分を多く含む食品  レバー・しじみ・卵黄・納豆など。鉄のフライパンを使うのもおすすめです。

ビタミンCを多く含む食品  ピーマン・キウイ・ブロッコリーなど。

朝食で摂ると日中の立ちくらみ予防になります。血圧が上がって活動的にもなれちゃうかも。

 運動で改善

運動をすれば血流が良くなります。血流が良くなれば、血液を送る機能が正常に働くようになるので立ち上がる時でも、脳に血液を届けることができます。

適度な運動で立ちくらみが起きにくい体を作りましょう!

リラックスで改善

91073ca76fc6633073be7d6bee093b96_s

リラックスをすると副交感神経が優位になって血管が広がります。
血管は人間の体の状態によって縮んだり膨らんだりしているのですが、血管が縮んでいると立ちくらみが起こりやすいのです。

なのでリラックスをすることは、立ちくらみ防止にとても有効なんです。

おすすめはゆっくりとお風呂に入ること。
リラックスできて、血流も良くなるので一石二鳥です。

ゆっくり動いて立ちくらみ防止

立ちくらみは、静止した状態から急に動いたときによく起こります。立ちくらみが起こりやすいという自覚がある人は、動き出しをゆっくりすることで立ちくらみを防ぐことができます。

ゆっくり動き出すことで、血液が脳に酸素を届ける時間が生まれるので、ふらつきも少なくなるはずです。

気をつけたい立ちくらみ

立ちくらみの中には病気がひそんでいることもあります。
思い当たることがあれば、病院で見てもらいましょう。

51fdf1929ea385de925bbef8f456273d_s

不整脈
・心臓の病気を持っている
・息切れや疲労感がある
・姿勢に関係なく起こる

自律神経失調症
・頭痛や吐き気がある
・汗がたくさん出る
・落ち込んでいるときに立ちくらみが起きる

脳梗塞
・高血圧・糖尿病・心疾患の病気をもっている
・立ちくらみが起きた時、同時に脱力・しびれ・麻痺などが起きる
・一時的に片目が見えなくなり、時間がたつと元に戻る

ほとんどの場合は上の4つの原因からくる立ちくらみです。
そこまで神経質になることはないので、頭の片隅にでも置いといてください。

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

私の場合、一時ひどかったのですが最近はほとんど起こらなくなりました。でも低血圧と鉄分不足は自覚があるので、気をつけないといけないですね。

女性は特に起こりやすい立ちくらみ。ぜひこれを参考に立ちくらみのない生活を送ってください!

以上「女性に多い立ちくらみ!!その4大原因と立ちくらみ改善法」でした。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top