ダイエットとアンチエイジングのWEBマガジンBodystyle-japan

ダイエットとアンチエイジングのWEBマガジンBodystyle-japan

めまいの原因は耳・脳・心!?不快なめまいの原因と解消法

めまいの原因は耳・脳・心!?不快なめまいの原因と解消法

「めまい」はとても不快な症状ですよね。
私が以前整体院で働いていたとき、めまいに悩んでいる患者さんをたくさん見てきました。
そしてそんな私もかつてめまいに悩まされていた一人です。

厚生労働省の国民生活基礎調査(平成19年)によると、慢性的なめまいに悩む人は年々増加していて、以前はお年寄りに多かったのですが最近では若い世代に症状を訴える人が増えているそうです。

めまいは健康な人にも起こりますが、何らかの不調を訴える体からのSOSの可能性が高いです。「いつものことだから」と放置せず、めまいに良い生活習慣を取り入れて改善していきましょう!

 

「めまい」が起こるメカニズム

239a0e7d8094e40d65726752563ff32e_s

私たちが普段、何も意識せずに行っている立つ・座る・走る・跳ねるといった動き。
こういう動きをスムーズにとれるのはバランス感覚がしっかりしているからなんです。

ではこのバランス感覚を保ってくれているのは体のどの部分なのでしょうか?
私たちの体にはバランスをとるための
「平衡感覚」という機能が備わっています。

この平衡感覚は「耳・目・手足・脳」の連携によって保たれているのですが、この中でも耳と脳の連携は重要な役割を果たしています。

私たちが頭を動かすと、耳の奥にある三半規管が上下左右の回転を感知して、耳石器が速さや傾き、重力などを感知します。

これらの情報が平衡感覚を保つための基本データとなり脳に送られます。

脳は伝えられた情報を元に目や耳、手足などに動作の指令を出すのですが!….
このやり取りのどこかに障害が起きてしまうと、体は平衡感覚を維持することが出来なくなり「めまい」が起きてしまうのです。

 

めまいの種類と原因

 

めまいは原因別に大きく3つに分けられます。原因によって診療科も変わってくるので、早めに原因を特定しましょう!

 

抹消性めまい

f8b440e3d3deec43e48419fed1d3e6a9_s

内耳の障害が原因で起こります。内耳が原因なので診療は耳鼻咽喉科が適しています。

抹消性めまいを起こす病気で多いのは、メニエール病や良性発作性頭位めまい症があります。

メニエール病は、内耳のリンパ液が増えて水膨れのようになってしまうものです。

メニエール病のめまいは、自分や周囲のものがグルグル回っているような「回転性のめまい」が起こり、それに伴って耳鳴りや難聴が現れるのが特徴です。特に女性がかかりやすい病気です。

良性発作性頭位めまい症はあまり聞きなれない名前ですが、割と多いめまいです。

このめまいは急に上を向いたり、寝返りをうったり、頭の位置を変えた時に起こります。

めまいが起こる頭の位置は人によって違います。めまいが起きる時間は数秒~3分以内と短く、繰り返し起こりますが危険性はありません。

頭の位置に慣れてくると、めまいが治まるケースが多いです。

 

中枢性のめまい

b91f66da11c8fed1b953598a68bd3b22_s

脳に障害があって起こるめまいです。このタイプのめまいの場合は脳神経外科や神経内科へ。

脳腫瘍や脳梗塞、脳出血などが原因によるめまいの場合はすぐに病院へ行きましょう。このような場合は、激しいめまいとともに麻痺やしびれなどが伴います。

 

 

心因性のめまい

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

ストレスや過労が原因で起こります。このタイプのめまいは心療内科やストレス外来へ。

自律神経のバランスが崩れると、めまいや耳鳴りのほか、頭痛、肩コリ、動悸など様々な不快な症状が起こります。

現代は日常生活のストレスや過労、睡眠不足などが原因で自律神経失調症に苦しむ人が増えています。

めまいの他にも不調を抱えている人は自律神経のバランスが崩れている可能性があります。

また、閉経前後の心身が不安定な頃にも様々な症状とともにめまいが起こることもあります。

全身の病気でのめまい

 

高血圧と低血圧
高血圧の場合は、血圧を下げる薬が効きすぎて急激に血圧が下がった時に激しいめまいが起こることがあります。

低血圧の場合は、脳へ十分な血液が行き渡らなくてめまいや立ちくらみを引き起こすことがあります。

低血圧でおこるめまいは、ひどい場合を除いて特に心配することはありません。
めまいは、重症だったり重大な病気が絡んでいるものでなければ、日常で改善できるものがたくさんです。

私の場合はストレスが原因のめまいでした。
当時抱えていたストレスがなくなったら、めまいが全く起こらなくなったんです!悩んでいたことすら忘れていました。

まず正すべきは生活習慣とストレス関連。
そしてそれにプラスして食生活を改善すればめまい解消もすぐそこです!

 

不快なめまいとサヨナラしよう!めまい解消・予防法

 

食べ物でめまいを解消

めまいで悩む患者さんにとお話をしていると、避けたほうが良い成分を摂っている場合が多くありました。

「そういうのは控えたほうが良いですよ~」とアドバイスをした後、めまいが軽くなった方も多くいます。

ここではめまいに悩む方が摂取したほうがよいものと、避けたほうがよいものをご紹介しますね。
ぜひ参考にしてみてください。

8437a57aaf89a15b144b7d2c2cf58064_s

<摂取したい成分>
αリノレン酸
オメガ3と言われるαリノレン酸には、脳細胞を正常化させる働きがあります。
サバ、イワシなどの青魚・シソ油などに大き含まれています。

 

トリプトファン
不安を和らげる効果があり、自律神経の1つである副交感神経の働きを活発にします。
納豆や豆腐などの大豆製品に多く含まれています。

 

ビタミンE
疲労の回復を早めストレスを緩和させる働きがあります。血液もサラサラにしてくれます。Αリノレン酸と一緒に摂るのがおすすめ。
お肉に多く含まれています。

 

ビタミンB
神経を正常化し、副交感神経を働かせる作用があります。また平衡感覚を強くする効果も。
玄米・胚芽米・野菜に多く含まれています。

<避けたい成分>

f31e5eaab6bad37b811701a79a970d1e_s

カフェイン
カフェインは副交感神経の働きを阻害したり、めまいそのものを起こす可能性もあります。
めまいを治したい方はカフェインが含まれているものを避けることから始めましょう。
コーヒー・紅茶・緑茶・ココア・コーラ・栄養ドリンク・チョコレートなどに含まれています。

 

フィチン
フィチンはストレスを軽減する亜鉛の吸収を妨げてしまいます。そのためフィチンを多く摂るとストレスをより感じるようになります。
インスタント食品に多く含まれるので注意しましょう。

 

Γリノレン酸・リノール酸・オレイン酸・飽和脂肪
これらは副交感神経の働きを妨げたり、内耳に炎症を起こしやすくしてしまいます。
内耳炎や中耳炎の症状がある人は特に注意が必要です。
お肉全般やサラダ油・揚げ物などに多く含まれています。

 

<食べ物以外で避けたほうが良いもの>

f381e46d8784168242f948aa4fdace88_s

ニコチン
ニコチンは血管を細くする作用があります。内耳が原因でめまいが起きているひとは、内耳の血管が細くなりめまいが起きやすくなってしまうのでニコチンの摂取は控えましょう。

 

アニリン
アニリンは前庭小脳という平衡感覚と眼球の運動をコントロールする部位に障害を起こす可能性があります。
アニリンは一部の合成着色料や毛染めに含まれています。体外に排出しにくい物質のため体に貯まりやすいです。
小さい頃からのカラーリングや溶液に触れる機会の多い美容師さんは注意が必要です。

 

めまいに悩む人にとっては、めまいの回数が減るだけで生活の質がずいぶんと上がりますよね。めまいがなくなれば、天国のように感じるかもしれません。

ぜひ食べ物や生活習慣を改善してめまいのない天国のような日々を過ごしてください♪

以上「めまいの原因は耳・脳・心!?不快なめまいの原因と解消法」でした。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top