ダイエットとアンチエイジングのWEBマガジンBodystyle-japan

ダイエットとアンチエイジングのWEBマガジンBodystyle-japan

砂糖を使わない甘酒が疲れた女性の体を救う~お家でできる簡単レシピご紹介~ 

砂糖を使わない甘酒が疲れた女性の体を救う~お家でできる簡単レシピご紹介~ 

これからどんどん気温が上がっていく・・・と考えると夏を前にしてすでに疲れた気分になりますよね。

そんな夏バテから救ってくれるスーパードリンクがあるんです。そう、それは日本人には馴染み深い「甘酒」です。

今回は美容家も愛飲する砂糖不使用の自家製甘酒レシピをご紹介したいと思います。

a68fe7c2623ca29098892c00daf90226_s

甘酒の効果・効能

甘酒は米と麹を発酵させた“米麹”から作ります。甘酒に含まれるビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、ビオチンなどの必須ビタミン群は、病院で受ける栄養補給用の点滴と同じような成分で出来ていることから「飲む点滴」とも言われています。

よって甘酒は古くから夏バテ対策のドリンクとして愛飲されてきたのです。

またコウジ酸には活性酸素やメラニン色素を黒色化するチロシナーゼを抑制する働きがあるため、継続的に飲み続けることでシミやソバカスの予防、保湿効果も期待できることで注目を集めています。

しかし、市販の甘酒には、体を冷やしたりシミやくすみの原因にもなる“砂糖”がたっぷり。これでは継続的に飲み続けることを躊躇してしまいますよね。

そこで自宅で簡単に作れる砂糖不使用のレシピをご紹介します。

 

砂糖不使用“自家製甘酒”の作り方

[材料] 作りやすい分量です

白米  1合

水  3合分

米麹 200g

0b48f3ceb8785c60b3bf766fc423d940_s

[作り方]

 

  1. 白米を洗い、おかゆ炊きをする(白米1合:水3合分)
  2. おかゆを60℃くらいに冷ましたら、細かく割った米麹を加えて混ぜる
  3. 炊飯器の蓋を開けた状態でふきんをかけ、8~10時間ほど保温したら完成です

(保温中に1~2回ほどかき混ぜてください)

 

飲みやすい味になるように適量の水で薄めたら、お好みで塩を加え、1度沸かしてから飲むと良いでしょう。

 

そのまま飲んでも良いですが、スムージーのベースにしたり、豆乳で割って飲むのもおすすめです。砂糖不使用なのにほんのりと甘さが感じられて心も体も嬉しくなります。

390e4c4399a8a7e45dac22d59cbe367e_s

これからの猛暑に備え、また嬉しい美容効果にも期待しつつ、甘酒習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか。

以上「砂糖を使わない甘酒が疲れた女性の体を救う~お家でできる簡単レシピご紹介~ 」でした。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

話題の記事

Return Top